得する外構の話
砂利敷きはしっかり丁寧に。時にはプロにおまかせを。

コラム①砂利

今まで工事をさせていただいたお客様の中で、ご予算の都合で砂利敷きを自分でされる方も少なくありません。
しかし、たかが砂利敷き、されど砂利敷き。侮ることなかれ。です。
砂利敷きもしっかりやらないで薄く撒いただけだと草むしりに追われてしまいます。しかも砂利の間でやりにくい。

 
量販店さんに袋で売っている砂利。ずばり、よく読んでから買いましょう。
1㎡あたり3〜4袋と書いてあったりします。
だいたい建物廻りをコの字にぐるっと囲うと平均30㎡くらいになりますので、
甘めに見て3袋だとしても 30㎡×3袋=90袋!
1袋だいたい20㎏あるので、90袋×20Kg=1,800㎏! 1.8㌧!?

 
お金に換算すると、
ちょっといい1袋2,000円の白玉砂利(弊社ではお庭の一部に使うくらいです)を間違えて買い始めてしまったら
90袋×2,000円=なんと180,000円が材料代。プラス量販店を何往復。またはご自宅に送料掛けて運んでもらうなんてのもありますが。
材料が整って、さて敷くにもまずは整地が必要です!
そして3〜5㎝くらいは入れますので、排水マスの高さ(仕上げの高さ)からその分の土を鋤き取って下さい。
そして防草シートを敷いたりしていざ参ります!
されど砂利敷きではありませんか。


小お庭のご相談 お問い合わせはこちら