まま・ここっと
まま・ここっと2019秋号



庭づくりのHow toを子育て世代のパパプランナー・小松崎さんがレクチャー。資産価値を上げる庭、家族の成長とともに変化する庭とは?

プロショップだからできるトータルエクステリア提案

よく、カーポートや門扉、フェンスなど、商品だけを求めて来店されるお客様がいらっしゃいます。そんなときは、後悔のないようにトータルエクステリアのご提案をいたします。例えば、物置。サイズ感や設置場所を確認しなければ、そもそも置けるかどうかも分かりませんよね。また、物置までのアプローチが悪ければ、せっかく購入したのに活用度も低くなります。そんなときは、ブロックやコンクリート、芝生などで整備し、使い勝手を良くするアプローチの提案もできます。このようにトータルエクステリアで物事を考えれば、モノを置いただけの継ぎはぎだらけのイメージを払拭することができ、庭は生きた資産となります。また、無駄なくプランされた庭はローメンテナンスにもつながり、長い目で見るといろいろお得なんです。

庭づくりのポイントは庭に目的を持たせること

家を建てるとき、料理を楽しくするキッチン、リビング学習スペースなど、いろんな目的をもって設計しますよね。一方、庭はというと同じ資産であるにも関わらず目的を持たせている人は少数派です。ぜひ庭を第二のリビングと考え、庭だからこそできる体験を子どもたちに経験させてみませんか?それにはまず庭に目的を持たせることが大切です。家族でBBQ、プールで水遊び、老後は家庭菜園やガーデニングなど。庭でやりたい目的を全て図面に起こしてみると何が必要なのかが見えてきます。そこから予算やライフステージに沿って一旦ひき算をし、必要に応じてカスタマイズすることをおすすめします。「手入れが面倒で」という方も、庭に目的があれば手をかけることが楽しみになるはず。「家」と「庭」があるからこそ「家庭」なのですから。


お庭のご相談 お問い合わせはこちら