外構事例紹介
前橋市 M様邸 外構工事

道路後退のため、境界塀の解体や植栽の伐採伐根から工事をさせていただきました。

お打合せは建物の完成前からさせてもらいました。道路との高低差が外構工事の金額に反映させてくる大きな要素なのですが、玄関から駐車場、駐車場から道路までの高さや距離を計算して、お客様とスロープ・坂(勾配)の念入りな打合せをして土留ブロックをしない芝生養生での外構工事を行ないました。芝生は、土を流れにくくする土留と同じ役割をしながら金額を抑えられますのでお得です。

袖壁は建物の外壁の色に合わせ、アプローチは玄関ポーチの色に合わせました。【これは弊社での色決めの鉄則】お客様だけに決めさせることはしません。失敗するので。

今回の建物はパステルホームさんで基礎が大変高く玄関ポーチは4段で60㎝以上の高低差が危ないので手すりを付けました。笠木レールの取付は、わたくし小松崎もお手伝い。表札はワンロックタイプというベースと本体が別の商品。こちらも小松崎が取り付けました。

《工事内容》

道路後退部分境界土間解体撤去・植栽伐採伐根・袖壁工事・アプローチ工事・手すり工事

駐車場4台分土間コンクリート・道路後退部分アスファルト舗装・植栽工事(法面養生芝生・シンボルツリーアオハダ)・防水コンセント工事


小お庭のご相談 お問い合わせはこちら