外構事例紹介
渋川市 W様邸 高低差のある外構+ガレージ工事

建築中からご相談いただきましたお客様です。

建物はアルネットホーム様。

弊社のガレージ特集ページを見てご相談いただきましたが、

トータルで外構工事全体からさせていただきました。

一番悩んだのが、建物の建っている高さ(設計GLといいます)が

入り口の高さより1mも低かったことです。

簡単にいうと建物に向かって下っていくので雨水が敷地に入る作りです。

通常、建物の建っている敷地の水外に流れるように坂道を作るのが

僕ら外構屋さんの仕事です。

建物に向かって雨水が差し込むのはイヤですよね。

なので、ガレージや駐車場の設計高さを建物より高く上げて

アプローチは階段を下りて玄関に向かうプランにし

駐車場はガレージの前でくの字に折って雨水を真ん中に集めて流すようにしました。

《工事内容》

道路境界・門廻り工事・アプローチ・デッキ工事・建物廻り砂利敷き

駐車場6台分程度(イナバ ガレーディア+積雪対応ソルディーポート)

電気工事(スポットライト2ヶ所・階段用ポールライト)・シンボルツリー(ジューンベリー)

↑↑↑Before↑↑↑


↑↑↑Before2↑↑↑

人感センサー式スポットライト

ポイントは玄関ドアの赤に合わせてポストも赤に!

手摺りを伝って玄関へ

シンボルツリーの下の大きな石は工事の時に出てきたものをアレンジして花壇にしました。

レールの要らないリフティングゲート


小お庭のご相談 お問い合わせはこちら