まま・ここっと
まま・ここっと2022夏号



格好いい庭ではなく使える庭を目指そう!!

みなさん、外食(そとしょく)を楽しんでいますか?お店で食べる外食(がいしょく)ではなく、アウトドアで食べるごはんのことです。某・即席麺のCMで「最高にうまい食べ方は、外だ!」と言っていますが、本当にその通りだと思います。外食がおいしく感じる理由は、外にいると脳からβ波が出ることと、転地効果が関係しているそうです。精神活動が活発になり、普段と違う環境にいることで五感が刺激されて味覚が敏感に。すると、いつものごはんがおいしく感じるそうです。「小食で困る」「好き嫌いが多くて」と子どもの食事に悩んだら、ぜひ外食を試してみてください。
 家から一番近い外である「庭」は、外食にはもってこいの場所。日常の延長でレジャー気分が味わえます。ただ、「庭が狭くて」「雑草だらけだし」「デッキもない」など、庭を理由に躊躇される方がいたら、安心してください。庭時間を楽しむのに庭の完成度は関係ありません。外食を楽しむのに必要なスペースさえあれば大丈夫。例えば、居酒屋のテーブル席の広さは1坪程度。2mの四角い空間があれば十分楽しめます。そこにレジャーシートを敷くだけでもOK。
 デッキやパーゴラ、テーブルセットなど、写真で見るようなお金をかけた完璧な庭である必要はありません。「格好いい庭」ではなく、「使える庭」が本来の在り方だと思います。庭で何をしたいのか目的を持ち、そのための一角を整えることから徐々に庭づくりを楽しみましょう。
 外遊びが楽しいシーズン、BBQや水遊び、庭キャンプや花火、火起こし体験など、庭での遊びは無限大。家の中では体験できない経験が子どもの生きる力を育んでくれると思います。この夏、子どもにさまざまな体験の機会を庭でつくりませんか?


お庭のご相談 お問い合わせはこちら